クルーズライフ Q & A

  • ツアー
  • 客船紹介

Q&A よくお寄せいただく質問を掲載しております

Q: クルーズ代には、何が含まれていますか?
Q: クルーズ旅行には何を持っていけばいい?また、持ち込み制限はありますか?
Q: 船内での服装(ドレスコード)について教えてください。
Q: 船酔いはありますか?
Q: チップの必要はありますか?
Q: 船内での支払いは?
Q: ダイニング・リクエストとは何ですか?
Q: 船内スケジュールはどうやって知るのですか?
Q: クルーズ中は飽きることはありませんか?
Q: 寄港地での過ごし方は?
Q: 船上で具合が悪くなったら?
Q: 使用できる電気製品の制限はありますか?
Q: 外国語に不安があるのですが。
Q: インターネット(Eメール)は使用できますか?
Q: 携帯電話や電話・FAXなどは使用できますか?
Q: 結婚式・記念日を祝いたいのですが。

 

  • quationクルーズ代には、何が含まれていますか?
  • answerほとんどの船では、乗船中の宿泊、食事、船内のエンターテイメント代、施設の利用の権利が含まれています。寄港地での観光や船外での食事、アルコール代金、ランドリー、クリーニング、マッサージ、美容院のような個人的な費用は含まれていません。海外クルーズではポートチャージ(入港税)、チップ、クルーズ前後の航空運賃や宿泊代も別に支払うことになります。
    逆にクルーズ代に含まれないものとして、ルームサービスやクリーニング、マッサージ、FAX、電話、Eメール、ショッピングなどお客様が個人的に利用されるもののほか、ダイニングレストラン、バー、ラウンジなどでのアルコール飲料や、ソフトドリンク類の一部が有料となります。
    また寄港地でのオプショナルツアーも有料となります。

 

このページの上部へ
  • quationクルーズ旅行には何を持っていけばいい?また、持ち込み制限はありますか?
  • answer快適なクルーズライフを満喫するためにも、荷づくりは重要なポイントです。
    1)お持ち込みいただける荷物
    日本船クルーズの、日本国内の港での乗/下船の場合、船内への持ち込み量に制限はありません。
    ただし、荷物1個の大きさは、原則として3辺の長さの合計が2メートル以内で、かつ重量は30キログラム以下と定められています。(市販のスーツケース等は問題ありません)また、手荷物以外の大きなお荷物は、ご自宅から直接お客様のご利用になるキャビンまで宅配便にて送ることができます。(1泊クルーズは除く)
    海外クルーズなど、乗下船港までの移動に航空機をご利用になる場合は、各航空会社の定めた重量制限が適用されますので、ご注意ください。

    2)荷造りのワンポイント
    ・寄港地の季節や気温に合わせて、衣類などをご用意ください。
    ・靴は日中の船内や寄港地では、日頃履き慣れたものを、またディナーのときの服装に合わせたものも必要です。
    ・船内散策や、寄港地での観光などのために、小型のバック類(リュックサックなど)をお持ちになると便利です。
    ・船内に診療室はありますが、服用中の薬や、普段お使いになっている薬(風邪薬や胃腸薬など)がある場合は、お持ちいただくことをお勧めします。また外国船の場合は英語での処方箋などをご用意いただくことをお勧めいたします。
    ・船には貸し出し用のカサやレインコートなどの用意はございません。悪天候に備え、雨具を必ずお持ちください。

    3)下記の物は、各キャビンにご用意がございます。(一例)
    バスタオル フェイスタオル ハンドタオル 髭剃り(シェービングセット) 歯ブラシセットシャンプー、リンス、石鹸 シャワーキャップ ブラシ(櫛) スリッパ ドライヤー
    ※浴衣、寝まき等の用意はございませんので各自お持ちください。
    ※一部の外国船では、上記のご用意がない船もございますので、ご予約の際、ご確認ください。

    4)その他、必要に応じてご用意ください。(一例)
    双眼鏡 日焼け止め サングラス 電卓 書籍類(ガイドブックなど) 帽子 風呂敷・ポーチ 筆記用具・メモ帳 スポーツウェア、水着 薄手の上着 住所録 カメラ、ビデオカメラ、フィルム 交換用電池 など
    *カメラ・時計の電池残量は出発前にご確認ください。寄港地では特殊電池の入手が困難な事があります。
    また船内では特殊な電池等は販売しておりません。

 

このページの上部へ
  • quation船内での服装(ドレスコード)について教えてください。
  • answer日中はご自分の趣味で、自由にリラックスできる装いでクルーズライフをお楽しみ下さい。ショートパンツにTシャツ、サンダル履きでも問題ありません。ただし、船内のレストランによってはラフな服装はご遠慮くださいというケースもあります。
    夕刻のパーティーやディナー時からの服装については、ご予約後送付される乗船のしおりや毎日のプログラムを記載している船内新聞で案内いたします。一般的に「ドレスコード」と呼ばれるもので「フォーマル」、「インフォーマル」、「カジュアル」といった指定があります。
    フォーマルは男性/タキシードやダークスーツ、女性/ドレスやスーツ、インフォーマルは男性/ジャケットにネクタイ、女性/ワンピースやブラウスにスカート、カジュアルは襟のあるシャツにスラックス、スカートといった格好が目安です。

 

このページの上部へ
  • quation船酔いはありますか?
  • answer船酔いの原因は気分的な要素が強いといわれてます。
    また、ほとんどの船には「フィンスタピライザー(横揺れ防止装置)」が設置されておりますので、不快な横揺れを感じることはあまりありません。どうしてもご心配な方には、多くの船で、酔い止め薬をご用意しておりますので、ご利用ください。
    なお、揺れは個人的な感覚に大変な差があります。ある人が「全く揺れないね」とおっしゃっているお隣で、別の方が気分が悪い、ということもあります。どんなに巨大な船でも水面に浮かんでいる以上間違いなく揺れます。人間は非常に敏感なので、そのようなわずかな揺れでも分かります。したがって、「大きな船なので揺れません」という説明は厳密には間違いです。しかし、離島航路などの小型客船の揺れをイメージされているのであれば、クルーズ船はそれよりは遥かに揺れないと言って良いでしょう。

    酔い止め薬

    レセプションに酔い止め薬が
    置いてあることも。
    また、「酔うのではないか」と気にすればするほど船は酔うものです。気分が少し悪いからと言ってキャビンで横になると、もっと悪くなることもあります。せっかくのクルーズの旅、船内イベントなど、積極的にお楽しみ下さい。

     

    ★代表的な船酔い対策★
    船内に常備されている船酔い防止薬をもらって携帯しておきましょう。
    遠くを眺める。大空や水平線を眺める。
    適度なアルコール飲料の力を借りて、目を閉じて安静にするか、眠ってしまう。

 

このページの上部へ
  • quationチップの必要はありますか?
  • answer日本船は、国内/海外クルーズともノーチップ制ですが、外国船では、ほとんどの船で、チップは必要です。
    船によって、チップの渡し方・精算方法などは異なりますが、だいたい目安としては、1日あたりダイニングスタッフ(ウェイター)とキャビン・スチュワーデス(客室係)に対し、一日お一人様$10程度とお考えください。その他、特に世話になったスタッフ等でのチップはお客様のご判断にお任せいたします。

 

このページの上部へ
  • quation船内での支払いは?
  • Passenger Card

    乗船証でお会計
  • answerほとんどのクルーズでは、「キャッシュフリーシステム」を導入しています。下船時に一括精算するこのシステムは、クルーズ中に現金を持ち歩く必要がなく、大変便利です。乗船時にお渡しする乗船証が船内でのキャッシュレスカードとなりますので、これを提示していただければお勘定がキャビン付けとなります。
    通常下船の前日深夜に、ご利用明細がキャビンに入れられますので、下船までにフロントで精算してください。また、最近ではご乗船の際(または乗船後)にてクレジットカードの登録をしておくと、下船の際ご利用明細をご確認いただくだけで、精算は必要ありません。ご利用の金額は、後日、登録したカード会社から請求がきます。

 

このページの上部へ
  • quationダイニング・リクエストとは何ですか?
  • answerクルーズ客船独特の食事のシステムで、大勢の乗船客に温かい料理・食事を提供するために、2回に分けて食事時間を設定することをいいます。お客様の希望により、前半か後半かの選択ができるのが原則です。客船によって違いますが、おおむね
    1回目(ファーストシッティング) 17時30分~18時30分 スタート
    2回目(セカンドシッティング)  19時30分~20時30分 スタート となります。 でも、最近では、朝食、昼食時は、ほとんどの客船に、リド・カフェなどと呼ばれるビュッフェ式の食事を提供するレストランがあり、時間帯に関係なく、しかもデッキなどオープン・スペースで食事を楽しむことができます。また、ハンバーガー・スタンドや24時間オープンのピザ・ハウスを持つ客船も出現しており、こうなるといつでも食事は可能です。
    時間に不自由で、いつも決まったテーブルで食事を取らねばならないシーティング制度は、だんだん緩やかになっています。船により多彩な食事システムが採用されており、それが高級船かどうかの目安にもなります。船室(スイート)で、完璧なディナーが楽しめるサービスが行われている船もあります。
    ★クルーズ会社別・クルーズ船別 食事システム
    レストラン指定がある客船…
     クィーン・エリザベス2世
    1回制自由座席制…
     シルバーシー・クルーズ、シーボーン・クルーズ、ラディソン・セブンシーズ・クルーズなど
    2回制自由座席制 (ファーストかセカンドかだけを指定)…
      飛鳥II、にっぽん丸、ふじ丸
    2回制固定座席制、他に予約制レストランあり…
     クリスタル・クルーズ、ディズニー・クルーズ、プリンセスクルーズなど
    2回制固定座席制…
     カーニバル、ロイヤル・カリビアン、コスタ・クルーズ、プリンセス・クルーズなどの客船
    (新造船では、セカンドレストランのある船が増えています。)

 

このページの上部へ
  • quation船内スケジュールはどうやって知るのですか?
  • 船内新聞

    船内新聞(クリックで拡大)

  • answer毎晩までに、翌日分の「船内新聞」が各キャビンに配られます。これには、船の入出港時間、日の出・日の入りの時刻を初め、1日の催し物のスケジュール、お食事の時間、特別なご連絡や、夜のドレスコードなど、クルーズ中のアクティビティを満載しております。
    ぜひ、お休み前に目を通し、翌日のスケジュールを立てるのにお役立てください。

このページの上部へ
  • quationクルーズ中は飽きることはありませんか?
  • answer船内イベントが多くて忙しすぎると、おっしゃるお客様もいらっしゃるほど、どの船でも趣向を凝らした楽しいイベントが催されていますので、どんどんご参加ください。
    また、クルーズ客船の乗組員は、お客様を楽しませることのできる、プロフェッショナルたちばかりです。
    客室サービスアテンダント、レストランのウェイター、だれもがフレンドリーに接してくれます。
    もちろん、ご自分のペースで、読書やお昼寝を楽しむのもよし。楽しみ方はお客様の自由です。
    結局、終わってみればあっという間の充実した船旅だったと思っていただけるでしょう。

 

このページの上部へ
  • quation寄港地での過ごし方は?
  • answer各寄港地において、ほとんどの船が、船会社主催のオプショナルツアーを設定しています。客船に乗ったまま、港から港をめぐって、観光地を訪ねることができるのも船旅の醍醐味の1つでしょう。
    地中海などでは海に面した旧跡が多く、港を中心に発達した歴史を見ることができますし、アラスカではヘリに乗っての氷河観光などが人気です。
    出発前にご案内する寄港地ガイドを参考にしてください。また、世界一周などのロングクルーズでは、港に着いてから、2~3日かけて、陸上を旅するオーバーランド・ツアーが組まれているものもあります。

 

このページの上部へ
  • quation船上で具合が悪くなったら?
  • answerたいていの船には医師と看護師が常に乗船しております。気軽にご相談下さい。
    特に外国船にご乗船の際、健康にご心配な方や、薬を服用なさっている方は英語での診断書や処方箋をお持ちになることをお勧めいたします。

 

このページの上部へ
  • quation使用できる電気製品の制限はありますか?
  • answer日本船船内のコンセントは100V/60Hzです。
    国内で使用できる電気製品はご利用いただくことが可能です。
    外国船は船によって異なりますので、変圧器やプラグをご用意いただく場合もございますので、お問合せください。

 

このページの上部へ
  • quation外国語に不安があるのですが。
  • answer日本船では船内での公用語は日本語になりますので、言葉の心配はございません。
    外国船の場合でも、だれもがフレンドリーで、すぐ打ちとけることができます。
    片言の英語でも伝えたいことは伝わりますし、最近では日本人のお客様が増えていることもあり、簡単な日本語を話すスタッフもいます。
    でも、どうしても言葉が不安という方は、添乗員付きのツアーをお勧めいたします。
    また、プリンセス・クルーズや、クリスタル・クルーズ、など日本人に人気のある客船では、日本人スタッフが乗船していることがあります。

 

このページの上部へ
  • quationインターネット(Eメール)は使用できますか?
  • answer多くの船は、船内にコンピューター・ルームがあり、自由にEメールや、インターネットの閲覧が可能です(有料)。
    「飛鳥II」ではクルーズ中に利用可能なEメールアドレスが配布されますので、こちらを使ってメールのやり取りが可能ですが、お客様お持込のパソコンから直接メールの受送信を行うことはできません。
    また、寄航先の規制で停泊中は使用できない場合もありますので、ご乗船になるお船の条件につきましては事前にお問合せください。

 

このページの上部へ
  • quation携帯電話や電話・FAXなどは使用できますか?
  • クレジットカード専用の衛星電話

    クレジットカード専用の衛星電話
  • answer国内の停泊中や沿岸航行中は携帯電話をお使いいただける海域があります。
    実績的には、国内沿岸航行中は陸地が見えていれば、大体携帯電話が使用できるようです。但し、PHSは船が動いていればほとんど使用できませんし、港内や岸壁で停止していても使用できない場合があります。
    外航中は通信衛星(インマルサット)を通じて電話・ファクシミリがご利用いただけます。

 

このページの上部へ
  • quation結婚式・記念日を祝いたいのですが。
  • answer誕生日、結婚記念日、八ネムーンなど、事前にお申し出いただければ、夕食の際、お祝いのセレモ二ーをしてくれます。ケーキが出たり、お祝いのワインがキャビンに届けられたり、船長が祝福のメッセージを読み上げてくれたりと、船によって様々です。
    船のスタッフや、他の乗船客の方から祝福して貰えるのはとても楽しい思い出になりますよ。