ホーム  の中の  情報コーナー[旅悠人]TOP  の中の  [旅悠人]音楽・美術の旅  の中の  演奏会チケット/服装について

演奏会チケット/服装について


オペラやコンサート入場券についてのご注意

オペラやコンサートの入場券は、その販売時期や販売要領が劇場或いは演目により異なり、予約が劇場側の都合で一方的に変更されることさえありますが、当社は長年の経験によりまして音楽愛好家の皆様の御期待を裏切らぬ実績を挙げて来ております。ただし、入場券の入手には旅行会社ではどうにもならぬ現地事情が介在することが間々ありますので予め御了承下さい。

 

  • ●受付は先着順とし、演奏会チケット代金の振込が弊社にて確認とれた時点で、お申込受付完了とさせて頂きます。
  • ●チケットは買取り制である為、お申込後のお客様の都合による変更・キャンセルの場合、変更・キャンセル料はチケット代全額と別途手配手数料と通信費全額となります。
  • ●入場券の等級、座席の位置は極力御希望に添うよう努力いたしますが、御希望通りにならない場合もございます。またツアーへのご参加で、お客様の御希望が重複する場合の調整は原則としてお申込みの先着順とさせていただきます。
  • ●演奏会チケットが万が一入手不可能となり、代替演目への振替えにも御同意をいただけない場合には、当初お預かりしたチケット代及び手配手数料と通信費をお返し致します。但し、同ご旅行内に同じ劇場で複数の演目をお申込頂いている場合は、手配手数料と通信費はご返金致しかねます。また、チケットの等級がお申込の等級と異なった場合には差額を精算させていただきます。
  • ●演奏会料金には、ホテルと会場間の送迎費は含まれておりません。
  • ●劇場・出演者側の都合により、日程・演目・指揮者・出演者などに変更があった場合、弊社では一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ●人気演目・手配困難なチケットに関しては、最初に提示させていただく金額でチケットをご手配できない場合がございます。手配上、追加代金が発生する場合は料金のご相談をさせていただきます。

演奏会に行く服装について

欧米の演奏会は従来格式が高く、特に音楽祭や劇場のシーズンオープニングには聴衆の多くが男性はタキシード、女性はイブニングドレスで出かけます。
しかし、最近では演奏会鑑賞が一般的になってきている為、平常時では会社帰りなど比較的ラフなスタイルで鑑賞をする人も少なくありません。
正装での鑑賞はあくまで義務づけられている訳ではありませんので、身近になる程、身軽な装いの人が増えてくるのでしょう。
とはいえ、もともとは宮廷音楽。現地に赴いた際には、歴史ある豪華な劇場にお洒落をして出かけ、豊かな音楽を聴くことも楽しみの一つになります。
タキシードや、イブニングドレスではなくても、男性はダークスーツや上下揃いのスーツ、女性はロングドレスかドレッシーなワンピースやスーツでも十分です。
尚、日本の着物はイブニングドレスに匹敵する正装です。
素敵な思い出の一部として、ご自身を演出なさるのはいかがでしょうか。


お問合せ

■音楽ツアーデスク
千代田区神田神保町2-2 波多野ビル 8階
担当:中田、宮本、石間
  • TEL:03-5213-6240
  • FAX:03-5213-8494
TEL(フリーダイヤル):0120-319-105