RECRUIT

採用情報

2020年度新卒採用に関する情報をお伝えします

Q&A

業務関係

業務渡航の仕事とはどのような仕事ですか?
海外との取引や海外拠点がある企業の海外出張や海外赴任の手配をすることです。
当社ではお客様のビジネスに支障がないようにパスポート、ビザ、航空券、ホテル、保険などの手続きを迅速かつ的確に行います。また、最近では海外滞在中で起こりえる災害や騒乱時における危機管理対応(渡航者の把握、最新の情報提供)も行っています。日本経済のグローバル化を陰で支えるやりがいのある仕事です。
法人サービスサイト
海外の取扱いについて
当社は業務渡航などの海外の手配を目的として設立されたため、取扱いのほとんどが海外です。業務には世界各地の地理や渡航情報などの専門知識が必要になります。
添乗に出る機会は多いのですか?
業務渡航部門での添乗はあまり多くはありませんが、クルーズや観光、団体旅行部門では多いです。郵船トラベルではツアーを企画した社員が添乗に出ることが多いので、そのような部門に配属されたら、企画・販売・添乗・精算とツアーの最初から最後まで携わることができます。
郵船トラベルではパッケージツアーを販売していないのですか?
郵船トラベルのお客様は主に法人・官公庁になりますので、学生や若い人向けのお手軽なツアーは造成・販売していません。高品質・高付加価値の音楽・美術ツアーなどのSIT(Special Interest Tour)商品、飛鳥IIやクリスタルクルーズなどの客船を使ったラグジュアリーツアーを販売しています。
クルーズディズニークルーズへの旅音楽・美術の旅
街中で郵船トラベルのカウンター店舗をあまり見かけないのですが?
当社は法人・官公庁のお客様がメインですのでお客様に当社に来てもらうのではなく、営業マンがお客様のところに訪問するスタイルをとっています。
当社の事務所は一部の駐在事務所を除き、いずれも交通の便がよいところに立地しています。
郵船トラベル店舗案内

社内・社風について

平均年齢は?
2018年10月1日現在で39.6歳(男性42.2歳、女性36.8歳)です。
社員はベテランから若手まで年齢は幅広いですが、何でも言い合え、聞き合える雰囲気です。
どのような社員が多いですか?
強烈な個性を持つ人は比較的少なく、良くも悪くも組織的に真面目で紳士的に行動する人が多いようにみえます。
職場の環境は?
IT化が進み、情報機器も整備されています。最近では紙ベースの書類が減り、デスク周りやキャビネットなどだいぶすっきりして仕事に集中できる環境が整っています。
サークル活動は?
会社の公式サークルはありませんが、有志でフットサルのチームを作って活動したり、ゴルフ等も行ってます。
また毎年秋には各地で郵船ロジスティクスグループのスポーツ懇親会が実施されます。
スポーツ懇親会 郵船トラベルチーム

選考関係

旅行に関する資格を持っていた方が有利ですか?
基本的には入社後に取得すればよいと考えています。 総合旅行業務取扱主任者や添乗業務で必要な旅程管理者資格、クルーズコンサルタント等の資格については、受験料・交通費等の費用補助を行い奨励しています。
勿論、既に取得している人は大いにアピールして下さい。
英語の能力はどのくらい必要ですか?
海外の取扱がメインであるため、ビジネスで必要とされる基礎的な読解力が必要です。海外のホテルに電話をしたり、また将来海外勤務の可能性もありますので、少なくとも日常会話程度で話せる英会話能力が必要です。但し、当社では英語の能力だけを重視している訳ではなく、その他の能力・資質も必要となります。

入社後

入社後の勤務地や配属はどのように決まりますか?
勤務地・配属は会社が本人の適性・各部署の要望をもとに、総合的に判断して決定します。
海外勤務はありますか?
ニューヨーク、香港、シンガポールで2018年10月現在4名の社員が勤務しています。その大半はマネージャークラスですが、シンガポールでは若手社員が活躍しています。主な業務は現地での日系企業の海外出張や現地での駐在員とその家族のプライベート旅行のお手伝いとなります。異文化を経験しながら外国人スタッフと共に働くのは非常に良い経験となります。
研修制度はありますか?
段階的に新入社員研修・中堅社員研修・新任管理職研修・管理職研修を実施しています。
また、仕事の内容に応じて適宜、必要な研修を受講・実施しています。
転居を伴う異動はありますか?
当社は本拠地制度をとっていますが、本拠地以外への転居を伴う勤務地で働いている社員は国内では約30名います。自社の社宅・寮はありませんが、借上社宅制度があります。(本拠地内での借上社宅制度はありません。)
旅行会社なのにどうして土日が休みなのですか?
当社のお客様は法人・官公庁がメインですので、お客様が休業である土日が基本的に休みとなります。年末年始も休みになります。但し、お客様の緊急対応要員として、一部社員は交代で土日の出社があります。また、観光・クルーズ部門は旅行説明会開催等で土日に出社し代わりに平日に休みをとる場合もあります。
女性の働く環境は?
当社では育児休職、育児短時間勤務制度など女性の出産・育児をサポートする制度も充実しており、2018年10月1日時点で5名の女性社員が育児休職中、また20名が育児短時間勤務制度を利用しています。

上記以外のお問い合わせは、tsaiyo@ytk.co.jpまでお問い合わせください。

ページトップに戻る